`

環境に負荷をかけない家

自然のエネルギーを無駄なく、大切に使う健やかで心地よい生活のできる家

矢島建設は、環境問題を身近に考えています。
地球温暖化や森林破壊などの問題が大きく掲げられる今、
私たちにできることはなんだろうか?
住む人ひとりひとりが環境に目を向け、エコな生活をすれば、
小さな力が積み重なり大きな力へ変わると私たちは信じています。
そう考えている矢島建設は、多くの人へ地球環境に優しい
エコな家を提供しています。

矢島建設が採用している”エコ”

※一部の商品には使用できません。

自然のエネルギーからなるやさしい生活。

太陽光発電のメリットは、やはり自然のエネルギーを使うことで環境に負荷をかけないということ。もう一つは自家発電なので、光熱費を大幅に抑えられるということです。世界のエネルギー消費は増加の一途を辿り、このままでは約40年後に石油が、約60年後に天然ガスが、200年後に石油ガスが枯渇するという報告もあります。太陽光発電が備わっている家庭では、自家発電で多くの電力をまかなう事ができるのです。
太陽光発電とオール電化の導入で、月々の光熱費を相当量削減できるのです。

地球を労りながら月々の光熱費を約80%カット。
【太陽光発電の仕組み】

ソーラーパネルは、やはり南側に取り付けるのが
もっとも効率がよく、設置角度は30度が理想とされています。

効率の良い発電を心がけます。

矢島建設では太陽光発電の設置で、いかに効率よく発電ができるかを考えています。設置の角度や方角にこだわり、もっとも効率の良い発電ができる位置で設置をしています。方角が北側と南側では発電量に約2倍の差がでます。
矢島建設では、住む人の事を考え効率の良い発電ができるように設置致します。

casa soleには標準装備されています。

※一部の商品には使用できません。

“木目”と“木目調”ではまったく違います。

一般的にフローリングと呼ばれるものの多くが”木目調”の床材です。薄いベニヤを組み合わせた集積材の上に、0.3mほどの薄い板がのり、その薄い板に木目プリントがされているものです。
こうした”木目調”の床材は日が経つと色あせを起こします。
矢島建設では、100%天然素材の床材を採用しております。
本物の木材の床は、時が経つと共に味が出てきますし丈夫です。ベニヤ板と違い、丈夫で末永くつきあう事のできる床材です。

無垢材は「長く、快適に」を実現する究極の床材。
色あせたフローリング材
徐々に味が出てくる100%天然素材の床
傷がついた部分のみ変えられるエコな床材

矢島建設が採用している100%天然素材の床材は、時が経つほどに床にツヤが出てきて良い味がでます。
しかし、一般的なフローリングは時が経つほどに傷が目立ったり、色あせが目についてきます。そうしたフローリング材だと、傷がついた部分のみを取り替えようとすると、その部分が浮いてしまい継ぎはぎ状態に。100%天然素材の床であれば、最初は違和感があるかもしれませんが、徐々に馴染んできて自然な状態になります。フローリング材では色が馴染んでくることはありません。

casa soleには標準装備されています。

※一部の商品には使用できません。

室内を快適に保つ断熱構造

エコを考えた注文住宅・家づくりを進めている矢島建設では、冷暖房の使用を抑えられる断熱構造を採用しています。
「断熱性が高い」=「快適な室内温度を逃がさない」ということになります。冷暖房を長時間付け続ける必要がなく、快適な室内温度を保つことができるので、断熱構造はとってもエコなのです。もちろん節電にも繋がりますので、人にも地球にもやさしい構造と言えます。

lisk-pic6
  • lisk-sassi
  • lisk-sassi
  • lisk-sassi2
blog

矢島建設へのアクセスはこちら
矢島建設興業株式会社岐阜市木ノ本2-8tel.0120-07-1292

矢島建設興業株式会社
岐阜市木ノ本町2-8
tel.0120-07-1292
info@yajimac.co.jp

矢島建設興業株式会社

岐阜市木ノ本町2-8
info@yajimac.co.jp

Copyright © 2014 (C)矢島建設興業株式会社 All Rights Reserved.