ニュース / ブログ

岐阜の注文住宅 本日の現場 vol.39 ~耐震リフォーム進行中~

2012.07.24

岐阜の注文住宅 本日の現場 vol.39 ~耐震リフォーム進行中~

こんにちは(^_^)/

矢島建設興業、有田です。

 

 

現場レポート、『本日の現場』でございます。

 

 

本日ご紹介するのはこちら!

 

 

CIMG3549-y.JPG

 

羽島市にて耐震&リフォーム工事中のY様邸です。

 

 

(夕方に撮った写真なので薄暗いのはご容赦くださいm(_ _)m)

 

 

築30数年の純和風の立派な木造住宅です。

 

 

今回新たな住まい手を迎えるにあたって、耐震補強とリフォームを行う事になりました。

 

 

耐震補強工事を行う際には、まず耐震診断を行い、建物の自信に対する強さを測定します。

 

 

そしてその結果から、その建物の弱い部分を補うように部材を金物で補強したり、耐震壁を増やしたりします。

 

 

診断の結果、Y様邸では東西方向の壁が少ないということで、間仕切り壁を耐力壁に作り替える耐震補強を行っています。

 

 

現在の耐震診断は、『耐震壁で建物を支える』という考えに基づいています。

 

 

そのため、続きの和室のある和風住宅などでは、『耐力が弱い』という診断結果が出ることが多いようです。

 

 

しかし、Y様邸では、柱や梁といった骨組みの部材がとても太く立派なもので、

 

 

壁が少ないからといってそれほど弱くはないのではないか、という印象でした。

 

CIMG4585-y.JPG

写真は2階の天井を破った際に見えた屋根裏の小屋組みです。

 

 

棟木も梁も柱も、とても太く立派な木材が使われています。

 

 

工事の方は、実はもう結構進んでいて、新しいキッチンの取付けも完了しました。

 

 

CIMG4658-y.JPG

 

 

完成までもう少し。

 

 

暑いですが気を抜かずに完成を目指します。

一覧に戻る

PAGE TOP