ニュース / ブログ

2012.04.04

『長期優良住宅』ってなに? その①

こんにちは(^_^)/

矢島建設興業、有田です。

 

 

 

「ブログでお客様に役立つ情報発信を」と色々考えていたのですが、突然思いつきました。

 

 

ので、そのまま勢いで始めてみます。

 

 

用語解説のコーナー!

 

 

よく聞くけれど、意味がボンヤリしか分からない

 

 

そんな、家づくりのキーワードを分かりやすく解説していきたいと思います。

 

 

お役に立てましたら幸いです。

 

 

 

 

はい!今回のテーマは『長期優良住宅』!!

 

 

弊社のホームページやこのブログにも度々、というかしょっちゅう登場します。

 

 

ひょっとしたら

 

 

『今さら?』

 

 

と思われる読者様もいらっしゃるかも知れませんが、まずは基本からいきたいと思います。

 

 

 

 

Q. 『長期優良住宅』ってなに?

 

 

A. 『長期優良住宅』という言葉には二つの意味があります。

 

 

   言葉そのものの意味は、読んで字のごとく、

 

 

   『優良な状態・性能を維持したままで、長期間住み続けられる住宅』を指します。

 

 

 

   もうひとつ、法律上の意味があり、

 

 

   『長期優良住宅の普及の促進に関する法律』(平成21年6月4日施行)に定められた条件を満たし、国から「長期優良住宅」としての認定を受けた住宅』を指します。

 

 

   つまり、国の定めた一定の品質・仕様に関する基準をクリアしている住宅です。

 

 

 

 

Q. 普通の住宅のどこがどう違うの?

 

 

A. 『長期優良住宅』の認定を受けるためには、国が定めた9つの条件をクリアしなければなりません

 

 

   つまり、この9つのポイントで、『長期優良住宅』は他の一般的な住宅と違う(より優れている)と言えます。

 

 

 

 

今回はここまで。

 

 

この段階ではほとんどまだ何も解説していませんが(笑)

 

 

お楽しみは次回、ということでご容赦を…。

 

 

次はこの9つのポイントをひとつずつ解説させて頂きます。

 

 

お楽しみに。

一覧に戻る

PAGE TOP