ニュース / ブログ

2012.02.20

「スマートハウス」の実用化が一気に加速!!

おはようございます。矢島建設の越前です。smile

 

最近、毎日登場で、すいません。(ブログにハマッテいるのではありません。???毎日脳の活性化??年かな~~?sad

 

今日は、最近注目の「スマートハウス」についてです。(皆様の方が詳しいかもしれません?)annoy

 

2月17日(金)の日経新聞に一面で特集記事が載っておりました。memo

 

2012年は、「スマートハウス」元年とも言われ、震災後電力不足をきっかけに、一気に加速させ、エネルギー利用の効率化と

 

環境の低炭素化のために、「住宅」が担うべき役割がますます高まっています。upwardright

 

情報通信技術を活用して、家庭内ののエネルギー消費を抑え、節電目標の共有、「スマートメ―ター」を活用した電力消費の「見える化」

 

により、温暖化ガス排出削減や光熱費の節約ができる次世代省エネ住宅。house

 

これが、「スマートハウス」でまさに今注目させており、

 

ユーザーににとっては、住宅を選ぶ基準として省エネの優先度が上がり、、今や暮らしに直結する身近な存在に近づいて来ております。

 

我が家も、現在、太陽光発電の活用「創エネ」を検討しております。(自分本人だけ?、省エネは昨年、オール電化、樹脂サッシ等やりました?)

 

これに、停電なの緊急時予備電力として使える「家庭用蓄電システム」を加えることで、より賢い住まい「スマートハウス」が実現できます。

 

本来、「家庭用蓄電システム」は太陽光発電システム以上に高価で普及させれるにはまだ先と考えられていましたが、

 

今回の大震災を機に必要に迫られての策で、「省エネ」 「創エネ」 「蓄エネ」の3点セットそろった

 

「スマートハウス」が昨年後半から登場しました。sign03

 

また、最新の情報を次回のブログにてお伝え致します。shine

 

ぜひ、これから住宅を検討されていらっしゃる方、当社、矢島建設のカーサキューブ、カーサソーレ、矢島の家で

 

実現してみては如何でしょうか。

 

詳しい資料等、御相談等ございましたら、当社ホームページの相談ホームへいつでもどうぞ。lovely

 

 

岐阜の注文住宅 矢島建設興業株式会社

問い合わせ: フリーダイヤル 0120-07-1292

         メールアドレス contact@yajimac.co.jp

 

 

矢島建設の越前でした。think

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一覧に戻る

PAGE TOP