ニュース / ブログ

2012.01.30

最近の暖房事情について!!

おはようございます。矢島建設の越前です。smile

 

まだまだ、寒い日が続きますね。 朝起きるのがたいへんで・・・・・・つらいです。weep

 

今日なんかは、朝、5時半に多治見から出勤する時、車のドアが氷付いていて開かずに大変でした。rvcar

 

ところで、話は変わりますが、ある住宅雑誌を最近購読しているのですが、いろいろなトピックスが出ているのですが、

 

その中で、暖房の器具の特集がすこし載っておりましたでご紹介致します。japanesetea

 

皆様、一家に何台暖房器具をお持ちですか。??

 

ちなみに私越前の家には、5台ありますですが、。 寒い家なので多いのかな?

 

全国平均は3台ですが、地域別にみると寒冷地でもっと多いのは2台(23%)、関東エリアでは4台(26%)、近畿エリアでは5台(26%)

 

四国エリアではなんと6~9台というふうに、必ずしも気温と対応していないことがでーたーとして現れております。

 

これは意外?? 寒冷地ほど暖房器具の所有台数が少ない???  不思議ですね?

 

これは、寒冷地域の住宅になるほど、冬対策として、断熱仕様、外壁仕様等、また間取りの取り方の影響も少しはあるみたいです。

 

すべてがその要因ではありませんが・・・・・・・・

 

北海道に親戚がありますが、全館セントラルヒーターになっていて、局部暖房を使う間取り仕様になっていないこともあります。

 

要するに、各部屋ごとに、暖房器具置かないようになっていることも1つの要因です。

 

前回も、すこしお話をしましたが、当社で扱っている商品のカーサキューブでは、オープンリビングダイニング、吹き抜け仕様、窓が少ない

 

スリット窓仕様で高気密高断熱で建物全体で、断熱しているダブル断熱仕様になっております。

 

省エネ型で、暖房器具を最小に抑えることができると思います。

 

すいません、また話が長くなり申し訳ありません。

「百聞は一見に如かず」 

 

ぜひ一度、当社の敷地内にあります「カーサキューブ」のモデルルームの見学にお越しくださいませ。

 

ただ今、床暖房体験見学も実施中。house

 

ぜひ、お客様の肌で直に、気持ち~いい暖かさを体感してください。spa

 

ご予約、ご連絡先: フリーダイヤル 0120-07-1292

                        mail : contact@yajimac.co.jp

 

 

 

岐阜の注文住宅 矢島建設の越前でした。

  

 

 

 

 

一覧に戻る

PAGE TOP