ニュース / ブログ

2011.07.26

住宅ローン低金利競争

おはようございます。 矢島建設の越前です。
先日は、台風の影響で、久しぶりの雨が降りました。
子供も、夏休みに入り、毎日、家の中も賑やかになってきました。
エアコンの使用量も増えてきそう?(節電対策も忘れていませんよ!)
いつも、この季節になると、新しいマイホームの話が話題になります。(住宅ローンのことを考えると頭が痛~い・・・・・・・)
ところで、本日の日経新聞一面に、「住宅ローン低金利競争」の記事が載っておりました。
各金融機関は、企業の資金需要低迷を背景に、個人向けローンに力を入れており、
金利優遇競争にますます拍車がかかりそう。
これから、住宅を検討されていらっしゃる方には朗報ですね。
以前より、少し、お客様の動きに変化が見られる内容として、新規融資の5割程度は、
「変動型」を選択されている。点に注目されている。
これは、日銀が金融緩和を続け、住宅ローンの基準金利も低下し、金利上昇期待が
低いためだと考えられる。
ただ、今後、市場金利が上昇すると、返済額増えるリスクがある。
ファイナンシャルプランナーの立場としては、自分置かれている状況、今後の
ライフスケジュール、ライフスタイルを見据えて、選択する必要があると思います。
よって、長期固定金利ローンの住宅金融支援機構が扱っている「フラット35S」などと
比較検討して、お客様に一番メリットのあるものをお選び下さい。
そのお手伝いのために、矢島建設として、いろいろな金融機関をご紹介して、
まずは、住宅ローンの事前審査の手続き等、住宅ローン商品の勉強をしてもらうため、
住宅ロ―ン、資金計画の相談会のご予約を常時、受付を行っております。
ぜひ、この機会に、ご相談をよろしくお願い致します。
矢島建設の越前でした。

一覧に戻る

PAGE TOP