ニュース / ブログ

2011.03.01

今後の住宅ローン

たいへん ご無沙汰しております。矢島建設の越前です。
本当に、久しぶりのブログです。  
ちょっと さぼっておりました?(すいません、余裕がなく??) 仕事は、まじめに・・・・
前置きはここまでにして、(すいません???)
最近、見学会に来場される方のほとんどの方が口を揃えて言われる事で、
「住宅ローン」の金利が、毎月少しずつ上がってきているので、心配だな~、今後どうなるの?
先日、ある雑誌の記事に興味深い内容が載っておりました。
皆様もご存じだと思いますが、1月の末に、国債の格付けが引き下げられました。
国債の格付けが引き下げられるということは、
日本が、債務(借金)を返済できない確率がどんどん上がっているということです。
この格付けが住宅ローンに大きく関係するとも言われています。(本当かな??)
どういうことかと言うと・・・・・・・・
ちょっと難しい言葉ですが、債券価格が低下していき、債券がどんどん買われるようになると、
日本の国債金利が上昇していく。(なるほど~・・・・・・)
ちなみに、国債金利は、「長期プライムレート」と呼ばれ、住宅ローン金利は、
この「長期プライムレート」をベースとして決まっていることは、皆様ご存じですよね。
今後、日本の財政状況が悪化していくと、
長期プライムレートの急騰につながる可能性も出てきます。(本当に心配ですね~)
今のような低金利な住宅ローンもいつまで続くか不透明です。???
難しい話ですが、家づくりをお考えの方には非常に大切なことだと思います。
難しい話を長々して申し訳ありません。
詳しいお話は、個別住宅資金セミナーにて・・・・・・・・・予約お待ちしております。
      長期優良住宅対応宣言 矢島建設  越前(こしまえ)でした。

一覧に戻る

PAGE TOP