ニュース / ブログ

2009.11.20

デフレ。。

こんばんわ。
矢島建設の中島です。
政府が11月の月例経済報告に
「緩やかなデフレ状況にある」と明記したようです。
月例経済報告は、政府の公式な景気判断で、判断結果がそのまま経済対策などの
進め方を左右する重要な報告書なんです。
そもそもデフレとは!?
「持続的に物の値段が下がる経済現象」の事。
物の値段は、供給に対して需要が足りない時に下がります。
デフレは、景気が悪化した状況で起こる場合が多いので、
理論的には、需要を増やして、供給を抑えることができれば
いいのだけど、そう簡単には難しい(+_+)
需要を増やしたくても物の値段が下がると思えば、買う人は消費をやめてしまう。
供給を抑えれば、その生産に関わる人や設備の削減につながるから、
さらに消費の減退となってしまう。
これが続くと、デフレ状態から抜け出せなくなってしまう。
物価が下がると金利も下がる事が多いけど・・・
低金利になると、家を建てたり、設備投資をしたりとお金の需要が増えて
そこから景気回復にも繋がっていきます。
どうなる日本。

一覧に戻る

PAGE TOP