ニュース / ブログ

2009.04.25

贈与税について

こんばんわ。
矢島建設の中島です。
今日はチョットまじめなお話
少し前に、総額15兆円規模の追加経済対策が発表されました。
内容はいろいろあるのですが、気になるのが贈与税について!
マイホーム取得時の親等からの贈与税の非課税枠が500万円拡大します。
今の贈与税は、相続時精算課税制度と暦年課税贈与の二種類。
相続時精算課税制度とは・・・?
基本的にはご両親からの贈与が対象で、非課税枠は2500万円まで。
これを超えると贈与税率20%
そしてご両親の相続発生時にこの2500万円までの贈与はなかったものとして、過去の贈与分を相続財産に加算して相続税を計算します。
相続税で過去の贈与税を清算するので相続時精算課税といわれます。
ちなみに家を建てる時は、相続時精算課税制度は3500万円まで非課税になります。
これに対し
暦年課税贈与・・・?
これは贈与者が誰でもいいので、贈与を受ける人が一年間に110万円以上、贈与された場合にその110万円以上の分に税金がかかるものです。
これは最大50%もの税金がかかります。
それで今回の追加経済対策でこれらの非課税枠が500万円増えるだろうという事です。
つまり相続時精算課税制度を使えば最大4000万円まで非課税。
暦年課税なら最大610万円まで非課税。
これは大きいですよね??
ちなみに、住宅ローン返済の為の贈与は対象外ですよ。
ブログでは細かい説明は難しいですし、分かりにくいと思うので、
もっと詳しく知りたい方は・・・
矢島建設 中島までご連絡下さい。
皆様のお役に少しでも役立ちますように(^o^)

一覧に戻る

PAGE TOP