ニュース / ブログ

やっぱり地盤が一番大事!

2008.06.30

やっぱり地盤が一番大事!

先日いよいよ鉄筋コンクリート3階建て戸建住宅の杭工事が始まりました!
皆さんご存知でしたか??
鉄筋コンクリート住宅の基礎の下にはこんな電柱のような杭が何十本も埋まっているんです。
DSC00006.JPG
※並んでいる電柱の様なものが今回使う杭です。直径35センチ 長さ5メートルです。
お客様も「すごいですね~」ってびっくりしていました。
この杭を硬い地盤まで打ち込むので、重たい鉄筋コンクリート住宅が建っても大丈夫なんです!
この日は意匠と構造を設計をされた先生方も検査にみえ、現場担当者としっかり打ち合わせを行い工事を進めました。
DSC00005.JPG
※写真は左から、現場担当者の神谷主任。岐阜県の構造計算の第一人者、栗本先生。数々のRC住宅を手がける建築家、高木先生。当社の設計担当、日置。杭業者の責任者、日比野さんです。
現場内にも5人の方が作業をし、杭工事だけで合計10人もの人が関わり工事を進めます。
一番重要な工事だから、お客様の安全の為だから労力をおしみません。

一覧に戻る

PAGE TOP