`
blog-news

こんにちは。


本日のブログは
岐阜市のサービス付き高齢者向け住宅新築工事の様子をご紹介します。

前回のブログでは"表層改良"の様子をお伝えしました。
(本日の現場vol.106)
http://www.yajimac.co.jp/blog-news/2017/09/vol106.php#004085


表層改良のあとは、捨コンを打設しました。
"捨コン"とは基礎の底面を平らにし
構造体の位置を決めるために敷くコンクリートのことです。
こちらが捨コンの写真です。

IMG_0734.JPG

捨コン打設のあとは
配筋工事の基準となる線や寸法を墨出しします。

IMG_0754のコピー.jpg

少し分かりにくいですが、この線が工事の進行に必要な線になります。

墨出しの次は配筋工事です。
実は基礎コンクリートの中には大量の配筋が組み込まれています。
鉄筋は引っ張る力(引張力)には強いですが
押す力(圧縮力)には弱い性質があります。
そこで、圧縮強度の高いコンクリートと組み合わすことにより強度が増します。
こちらが、配筋工事の様子です。

IMG_0762.JPG


このあと配筋検査を行い、コンクリート打設を行います。
引き続き、現場の様子をお伝えしていきたいと思います。


以上、片平でした。

blog

矢島建設へのアクセスはこちら
矢島建設興業株式会社岐阜市木ノ本2-8tel.0120-07-1292

矢島建設興業株式会社
岐阜市木ノ本町2-8
tel.0120-07-1292
info@yajimac.co.jp

矢島建設興業株式会社

岐阜市木ノ本町2-8
info@yajimac.co.jp

Copyright © 2014 (C)矢島建設興業株式会社 All Rights Reserved.